自己処理での脱毛情報

カミソリを使う場合に注意すること

ムダ毛の自己処理で一番多い方法はカミソリだと思います。カミソリ自体が安いですし、簡単に処理することが出来ます。お風呂を入った時に石鹸をつけてささっとやってしまうのではないでしょうか?よっぽど強い力でやったりしなければ切ったりすることも無いと思っていることでしょう。


しかーし!見た目には分かりませんが、実はお肌が傷ついていることが多いです...。毛だけを剃っているだけでなく、皮膚の表面の角質なども一緒に剥がれ落ちている場合があります。角質はターンオーバーによって自然に落ちていくものですが、強制的に角質を削いでしまうことによってお肌が乾燥したり、炎症を起こしてしまいます。処理した後痒みを感じることがあると思いますが、お肌が傷ついているサインなんです。


カミソリの傷は肌トラブルを引き起こす!


お肌を綺麗に見せるために毛を処理しているにも関わらず、そのせいで肌がボロボロになって見た目にも悪くなってしまったら困りますよね。また、お肌を正常な状態に戻すために働いてくれるのが実はメラニンなんです。メラニンといえばシミのもとですよね...。紫外線だけでなく、肌にダメージがあるとメラニンが集結してしまってシミや黒ずみなどを引き起こしてしまうんです。


では、カミソリは処理のときに使わないほうがいいの?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。正しい使い方さえすればお肌に負担をかけることなく、かつ綺麗で簡単に処理することが出来ます。少し気をつけるだけで安全に処理が出来るのです。


肌を傷つけないカミソリの取り扱い方


★カミソリの選び方
最近のカミソリは進化していて、刃が2枚、3枚と複数付いているものがあります。しかし、実は刃の多いカミソリはお肌に負担をかけやすいです。負担をかけにくいお肌を守るガードが付いたものなどを選ぶようにしましょう。


★剃るときにつけるもの
ありがちなのが「石鹸」だと思います。何もつけずに剃っている人もいますよね。ですが、どちらもNGです!石鹸は一見良さそうですが、剃るために少し長い時間つけておくと洗浄力が強いので、お肌が乾燥しやすくなってしまうのです。シェービング専用のクリームやジェルなどを使うようにしましょう。


★剃り方
毛の流れにそって剃るようにしましょう。とにかく早く剃りたいからと流れとは反対方向から剃ってしまうこともあるかもしれませんが、お肌に負担をかけやすいのでやめるようにしましょう。


★自己処理後はしっかりケア!
とっても大切なのが、カミソリを使った後は必ずお肌を保護するローションやクリームをつけるということです。一見傷ついてなさそうでも、小さなキズが付いていることがあり、そこから乾燥を引き起こしてしまったりします。ですから保湿はしっかりやりましょう。


★カミソリはこまめに交換しよう!
まだ剃り味的に問題ないし、もうちょっと使えるよね、といって長い間カミソリを使っていませんか?確実に切れ味は悪くなっているはずです。そして何度も使うと衛生的にも良くない場合もありますから、出来る限り長く使わないようにしましょう。また、使い終わった後は綺麗に洗って清潔な場所にしまっておくことも忘れないようして下さい。