自己処理での脱毛情報

脱毛クリームを使う場合に注意すること

色んな除毛方法を試してきた人なら一度は脱毛クリームを使ったことがあるのではないでしょうか。ドラッグストアで、しかも安く購入することが出来るので気軽に使えますよね。そんな便利な脱毛クリームなのですが、注意しなければならないことがあります。それは敏感肌の人は使えない、ということです。


脱毛クリームの成分にはアルカリ性の薬剤が含まれていて、それによってタンパク質である毛を溶かします。しかし、お肌もタンパク質で出来ています。肌が溶けるということはないはずですが、少なからず肌にダメージを与えています。実際、お肌に出来物が出来たり、乾燥してしまうなどのトラブルがあるようです。


ですから特に敏感肌の人は肌荒れの具合が酷いので使わないほうが良いでしょう。そして敏感肌では無い方も、使用する前には必ずパッチテストをして安全性を確かめましょう。薬剤が自分の肌に合わず、ボロボロになってしまうこともあるので注意して下さいね。


脱毛クリームの真実


脱毛クリームは根本からしっかり処理できる、と思っている方は意外に多いかもしれません。ですが、実際は表面の毛だけしか処理することが出来ません。そのため、すぐに生えてくるのでこまめな処理が必要になります。しかし、こまめにやると肌にかなり負担がかかってしまいますから、継続して脱毛クリームを使っている人は少ないかもしれません。


また、脱毛クリームは身体のどこの部分にでも使えるという訳ではありません。敏感な場所(顔、脇、VIO)などは特に荒れやすいですから使わないようにしたほうが良いでしょう。粘膜部分などは本当に危険です。注意して下さい。使用不可箇所は説明書などにも記載されているはずですから、しっかり確認しましょう。


脱毛クリームも進化している


脱毛クリームは肌に負担をかけてしまう...ということを散々言ってきましたが、最近ではお肌に優しい成分が配合している脱毛クリームなどが販売されています。昔に比べ、格段にお肌に良くなっています。また、男性向けの脱毛クリームもあり、美容成分が含まれ、においをカットするなどの効果がある商品もあります。


とは言え、毛を溶かすという根本的な仕組みは同じですから、ある程度はお肌に負担をかけますから、長時間つけておいたりすることはしないようにしましょう。